Home » NEWS » 9月5日の給食

9月5日の給食

category : NEWS 2019年9月5日 

今日の給食は、「ごはん、牛乳、さんまの梅煮、なすとピーマンのみそ炒め、がめ煮」です。

今日のなすは、奈良県産を使っています。

みなさん、こんにちは。今日の給食の”がめ煮”は、福岡県の郷土料理です。

昔、福岡県の北部を「筑前の国」と言っていたことから、別名「筑前煮」とも呼びます。

「がめ煮」は、鶏肉や野菜などいろいろな材料を使うので、博多の方言で「寄せ集める」

という意味の「がめくりこむ」から名前がついたという説があります。

がめ煮に入っている里芋は、主成分がでんぷんで加熱すると消化しやすくなります。

里芋の特徴は、ガラクタンとムチンというぬめり成分です。ムチンは食物繊維の一種で、

胃の粘膜を保護する作用があり、風邪などの感染症予防になります。

ここで里芋のクイズです。私たちが食べているのは、里芋のどの部分でしょうか?

①葉 ②茎 ③根

正解は②の茎です。今日の給食も残さずにいただきましょう。

ページトップへ戻る

comment closed

Copyright(c) 2019 All Rights Reserved.